CONCEPT

桐生和紙のコンセプト

桐生和紙が工房をかまえる群馬県桐生市は、織物・染物・刺繍といった繊維産業が盛んです。和紙作りにも欠かせない桐生川の豊富な水を使い友禅流しが行われていた歴史もあります。桐生和紙は、この“ものづくりの物語”あふれる土地で、自然と一体となった紙づくりに取り組んでいます。

Washi (和紙) is Japanese handmade paper. The Kiryū Washi workshop is located in city of Kiryū which has been recognized for its production of beautiful textiles.
Kiryū Washi is made in the same crystal clear waters of the Kiryū River in which traditional yūzen (友禅染) dyed fabrics were rinsed. At Kiryū Washi, I make all our paper with an active appreciation of the natural purity of the waters, the spirit of craftsmanship of this city and the rich, historical tradition of the area.

PRODUCT

桐生和紙の特色

桐生和紙の製法へのこだわりや独特の透け感とパリッとした質感・風合いに評価いただき、書や絵画などの創作物の材料としてお喜びいただいています。気軽に和紙を楽しんでもらいたいとの想いから、桐生和紙の伝統的な未晒しの紙の他に、風合いをいかしたさまざまな和紙をご用意しています。

Our customers appreciate Kiryū Washi for its unique texture, sheerness and stability for use in calligraphy and paintings. We provide not only plain papers but also watermarked and various colored papers of your choice.

ABOUT

桐生和紙 Miki Tachibanaについて

江戸時代にまで遡るとも言われる当地での和紙作りの歴史。先代の星野増太郎に教えを請い、原料となる楮の栽培から、清流を使った素材づくりまで、自然とともにある和紙作りに携わってきました。約30年、技術の探究に努めてきましたが、まだ道半ば。和紙を使う人、ふれる人の満足を叶える一枚を実現するために、これからもますます技術の研鑽に励んでまいります。

「群馬県ふるさと伝統工芸士」
「桐生市指定重要無形民俗文化財技術保持者」
橘三紀

The first handmade washi production in this area is documented back to Edo period.
I was trained by my late father, Masutaro Hoshino, former master of this workshop and have over 30 years experience in paper making. I am still finding my way as a paper craftsman, always growing, as I continually strive to provide the best paper products to satisfy all our customers.

ACCESS

桐生和紙 Kiryu Washi

群馬県桐生市梅田町5-7348(不定休)
5-7348 Umeda-cho, Kiryu-shi, Gunma
TEL:0277-32-0201

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問やお問い合わせなどございましたらお気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご返信させていただきます。

お問い合わせ内容

Category

お名前

Name

電話番号

Phone

メールアドレス

E-mail

詳細コメント

Comment

TOP